犬の食事は重要

やりすぎなくらい可愛いですよね? トイプードルって。
まさに天使のような愛くるしさです。
おまけにアタマもいいので、もの覚えが早くてしつけも楽ちん、ときています。
トイプードルのためのドッグフード厨房 えにわん

 

私はそんなトイプードルに癒されっぱなし(笑) 

 

愛犬とは、ず〜〜〜っと一緒に暮らしたいと思っています。
だから健康で長生きしてもらうために、あらゆることをしてあげたい!

 

そのためには、ふだんの食事がいちばん大事です。。

 

 

犬も私たち人間とおなじ動物。

 

食べたものが血となり、細胞を作り、組織を作り、器官を作ります。
良いものを食べていれば病気に負けない健康な体になるし、悪いものばかり食べ続ければ病気にかかりやすい虚弱体質になります。

 

食べ物って、お腹を満たすだけじゃなくて、生きるうえで本当に重要なんですよ。

犬の健康は食事で作られる

はじめまして、【ドッグフード厨房えにわん】の管理人、”モチコぱぱ”といいます。

 

トイプードルと暮らし始めて、早9年。
おかげさまで、愛犬ととても幸せな日々を過ごせています。

 

しかし、以前の私はまさにドッグフード難民で、犬の食事に頭を悩ませていました。
愛犬トイプードルのモチコは、食べ物の好き嫌いがあって、とても頑固な性格。
一度、「いらないワン・・」と決めたら、まったく食べてくれません。
トイプードルのためのドッグフード厨房 えにわん

 

おまけに、アレルギー性皮膚炎を患ったため、ドッグフード選びはまさに健康を左右する大問題。

 

偏食にくわえて皮膚のトラブルも抱えてしまい、まずはかかりつけの動物病院に相談しました。
処方箋はサ〇エンスダイエットのドッグフードを食べさせることと、抵抗力をあげるインターフェロン注射のみ。

 

しかし、まったく改善する見込みはありませんでした。

 

動物病院からのフードは美味しくないのでしょう。
「美味しくない・・」といった不満げな表情で、少しだけ食べるのみです。

 

皮膚炎のかゆみも増すばかりで、赤くなった皮膚を必死にかく愛犬。
「お金はいくらかかってもいい。何とかしてあげたい!」の思いは募るばかりでした。

 

そう思い悩んでいたところ、縁あって皮膚科専門の獣医師と知り合うことが出来ました。

 

その獣医師は、ドッグフードの問題点、手づくりご飯、皮膚の手入れ方法と、皮膚炎のメカニズムまで全てを説明してくれました。

 

本当にありがたかったです(^^)/

 

獣医師の指導のもと、フードとシャンプー方法を変え、犬の体質改善に取り組みました。

 

おかげさまで、半年後に愛犬のアレルギー性皮膚炎はみごとに完治。
偏食についても、きちんとしたドッグフードの場合は、「おかわり!」を求めるような顔をするほどになってくれました。

 

それからは食べ物の好き嫌いもなく、モリモリとフード+お手製トッピングを食べています。
うんちも、ばなな色でとてもキレイ! 肌と毛にも潤いがあって、まさに健康そのものです。

 

私は愛犬モチコの偏食&皮膚炎のおかげで、食べて育てる”犬の食育”を、運よく学ぶことが出来たのです。

 

 

モチコの例から言えることは、メインの食事であるドッグフードの選択が、犬の健康の左右すると言っても過言ではありません。

 

全ての飼い主様に対して「犬の健康は食べ物から作られます。きちんとしたドッグフードを選んでください!」と、一人ひとりに伝えていきたい!と思っています。

危険な原材料と添加物が入っている一般のドッグフード

有名ブランドのドッグフードを選べば、「間違いない!」 と考えるあなた。

 

ホームセンターやペットショップには、どれを選べばよいのか迷ってしまうほど、たくさんのフードが売られています。
その数は20〜30種類ほどで、主力商品の価格帯は、1kgあたり1000円〜1500円。

 

パッケージには犬の喜ぶ姿や、健康に良さそうなキャッチコピーが描かれていて、どのフードも良く見えるでしょう。
しかし購入の前に、パッケージの裏や横に記載している原材料表をかならず確認してください。

 

危険な原材料や添加物が使われているドッグフードを選択しない

これらは、大手ペットショップに売られている大手2社のドッグフードの成分表です。
赤の下線は、危険な原材料や添加物を示しています。
トイプードルのためのドッグフード厨房 えにわん

 

大手メーカーでさえ、以下のような危険といわれる原材料が、普通に使われています。

有名ブランドだからといって、安心できないのです。

  • 4Dミート=動物性油脂
  • グレイン(穀類)=小麦、トウモロコシ、ビートパルプ
  • 添加物=ブチルヒドロキシアニソール(BHT)、ジブチルヒドロキシトルエン(BHA)、没食子酸プロピル

 

4Dミートについて、たくさんのサイトに書かれていますが、4つのDの頭文字をとって4Dミートと言われています。

 

DEAD=死んでいる
DYING=死にかけ
DISABLED=障害・ケガ
DISEASED=病気

 

あなたは、危険な4Dが入った一般のドッグフードを愛犬に与えることが出来ますか?

 

一部のプレミアムドッグフードを除いて、一般のドッグフードには似たり寄ったりの材料が使われています。
残念ながら、これがドッグフード業界の実情です。

 

あなたがスーパーでお肉や野菜、食べ物を買う時は、産地や添加物の有無を確認するはずです。
なぜなら、食事はご家族やあなた自身の健康にかかわる大事なことだから。

 

ぜひ、愛犬の食事にも同じくらい気を使ってください。

安全なプレミアムドッグフードがおススメ

愛犬を自分の子供のように可愛がる飼い主様は、とても多いです。
私もそのひとり(笑)

 

そのため、ドッグフードに対する要求は日に日に高くなっています。

「栄養バランスのとれた質の良いドッグフードが欲しい」

「高級志向の食事を与えたい」

安心安全無添加のフードはないの?」

「毛艶をよくしてあげたい」

「健康を考え、なるべく負担のないような食事が欲しい」

食いつきを良くしてあげて、トイプーの満足な顔をみたい」

 

 

全ての願いに応えるのは、プレミアムドッグフードです

プレミアムドッグフードの特徴をわかりやすくお伝えすると・・

 

ヒューマングレード:すべて人間でも食べられる材料を使っています
主な原材料は、高たんぱくな肉や魚類
危険な添加物、酸化防止剤は使っていません
グレインフリー:穀物類は使っていません
あえて大麦、玄米を使っているフードもあります

グルメなトイプードルに合ったドッグフードの選び方

トイプードル用のドッグフードに求められる条件をみていきましょう。

 

エネルギーとなるタンパク質が豊富

トイプードルは小さい体のわりに、たくさんのエネルギーを必要とする犬種です

追いかけっこをしたり、ボール遊びをしたりと、体を動かす遊びが大好き。

 

そして、多くの犬種の中でもトップを争うほどの賢さを持っています。

 

「どうすればもっと遊んでもらえるか?」
「どうすればおやつがもらえるか?」
「ボス=飼い主さんが喜ぶのは何か?」
を、いつも考えています。

 

つまりは頭のエネルギー消費量も大きくなります。
頭=脳のエネルギーの基礎代謝の配分は、全体の20%を占めます。
この値は、骨格筋(筋肉)や肝臓の基礎代謝量とほぼ同じです。

 

たくさんのタンパク質を含むこと

 

アレルギーを防ぐアレルゲン&添加物フリー

トイプードルは皮膚病になりやすい犬種のひとつです。

たれ耳のため、外耳炎になる心配もあります。

 

皮膚病や外耳炎の原因は色々ありますが、ドッグフードが起因は以下の2つです。

 

アレルギー反応を引き起こすアレルゲン

体に蓄積されるアレルゲンの量が一定量を超えると、腸の免疫システムが働きアレルギー反応を起こします。

 

排毒作用が必要な危険な添加物

体に害となる添加物を取り続けると、毒を体外に排出させようとします。
そのさいに皮膚に湿疹として現れることもあります。

 

出来るだけアレルゲンと添加物を含まないこと

 

光沢のある被毛と健康的な皮膚をつくる脂肪酸を配合

脂肪酸は多価不飽和脂肪の特定の種類ですが、犬は体内で脂肪酸を生成できません。

犬にとって重要な二つの脂肪酸は、オメガ3とオメガ6脂肪酸です。

 

オメガ3とオメガ6が欠乏すると、以下の症状を引き起こすと言われています。

  • 薄い、変色した毛
  • 脱毛
  • うろこ状の乾燥肌
  • ふけ
  • 脂ぎった毛
  • 耳感染
  • 体重減少
  • アレルギーの症状(かゆみ、湿疹)

 

オメガ3とオメガ6が配合されていること(サプリメント、亜麻仁油/魚油で供給もOK)

 

 

理想のトイプードル用ドッグフード

原材料の一番初めに”肉”が記載されていること
人間も食べられるヒューマングレード品質のお肉かお魚が使われていること
グレインフリー もしくは低アレルゲンの穀物が使われていること
危険な添加物、酸化防止剤が使われていないこと
オメガ3とオメガ6が配合されていること

 

この条件を満たせるのは、プレミアムドッグフードのみです。

 

トイプードルのサイズ

体高は、24cm〜28cm(理想は25cm)。
体重の規定はJKC(ジャパンケネルクラブ)にはありませんが、一般的に3kg〜4kgとされています。

 

外観の特徴として
優雅な容姿、気品に富んだ風貌を備え、スクエアの体構でよく均整がとれている。慣例上の刈り込みによって、一層プードル独特の高貴さと威厳をたかめている。プードルの特色であるクリップによって、多少の外貌表現に差を見るが、表現は知的であり、より優雅で気品を発揮しなければならない。

ジャパンケネルクラブHPより

 

我が家のモチコは、体重が3.5kgですから、どんぴしゃのトイプードルです(笑)。
トイプードルのためのドッグフード厨房 えにわん

 

他のプードルを含むサイズ表
プードル種類 体重 体高
スタンダード・プードル 16kg〜25kg 45cm〜60cm
ミディアム・プードル 8kg〜15kg 35cm〜45cm
ミニチュア・プードル 5kg〜8kg 28cm〜35cm
トイ・プードル 3kg〜4kg 26cm〜28cm
タイニー・プードル 2kg〜3kg 23cm程
ティーカップ・プードル 2kg 20cm程
日本で人気のあるティーカップ/タイニー・プードルは、血統上は認められておらず、トイプードルに含まれます。

トイプードルの特徴と性格

プードルはもともと狩猟犬

 

まるでテディベアのような可愛さが魅力のトイプードルですが、プードルの原型のスタンダード・プードルは、もともと狩猟犬です。
だから、トイプードルもなにかを取りに走り飼い主の元へ持ってくるような、狩猟本能を呼び起こすような遊びが大好きです。

 

モチコがいちばん気に入ってるおもちゃ:通称【カモ君】
いつもカミカミしていますが、なにか気に入らないことがあると、一転して凶暴になり【カモ君】の首根っこをくわえて振り回します。
トイプードルのためのドッグフード厨房 えにわん

 

 

トイプードルは抜群の体力の持ち主

運動神経は抜群で、走ったり、ジャンプ! と元気いっぱいで遊びます。
リビングをよく走り回っていますが、ソファやクッションといったものにジャンプ!ジャンプ!し、まるで身軽な忍者のような動きを見せます。

 

トイプードルはドッグランでも、とにかく良く走る!

足やひざのケガに注意

 

そして体力がある分、散歩が大好きです。
散歩の時間になると、前足で私の足をツンツンして、「散歩に行きたい」アピールをしてきます。

 

一日に2回、30分ずつ散歩に行っていますが、病気でもない限りはバテることはありません。
雨で散歩にいけない時は、エネルギーが余ってるのか家の中を走っています。

 

トイプードルは賢い! 人間の言葉も理解

教え方にもよりますが、何でも覚える能力が凄くて、一度覚えたことは忘れません。

 

前はリビングにサークルを設置していて、「ハウス」の言葉で中に入るようにしつけていました。
現在はサークルを撤去していますが、「ハウス」と言うとサークルがあった場所に行きます。

 

撤去から数年経っていますが、忘れてないんですね。

 

知能は人間の3歳児くらいだと思います。
簡単な人間の言葉は理解していて、「○○ちゃんを呼んできて」と言うと、「ワンワン!」と言いながら部屋にいきます。

 

そして家族それぞれで対応を変えるほど、頭が良いです。

 

家族の帰宅時のお迎えですが、パパには玄関まで迎えにいく、長女にはソファで寝て待つ、次女の場合は部屋でお座り、嫁さんには台所で待機、と場所を変えています。

 

 

トイプードルは人懐っこい性格! しかし神経質な面もあり

外では、誰とでも仲良くしようとする八方美人のような性格です。
会う人会う人に、キラキラした瞳としっぽフリフリで接して、甘えん坊さんを発揮します。

 

人懐っこくて甘えん坊な反面、デリケートで神経質な一面もあります。
家の中にいても、窓から見えるビニール袋の揺れとカサカサ音に反応して、「ワンワンワン!!」

 

フードを入れる容器の高さを上げてあげた時も、数センチしか変わっていないのに警戒して、しばらく食べませんでした。
神経質というより、環境の変化に弱いのかもしれません。

 

 

トイプードルは抜け毛と獣臭い匂いがほとんどしない

トイプードルは、毛の生え替わりのないシングルコートの犬種。
他の犬のような毛がゴッソリと生え変わる、年2回の儀式がありません。

 

だから抜け毛がほとんどなくて、抱っこをしても毛がまったくといっていいほど服に付着しません。
これ室内飼いの場合は、すごく有難いことです。
朝の出勤前に、多くの人は「行ってくるね」と抱っこをすると思いますが、服に抜け毛を付けたままで仕事にいけませんからね。

 

その代わり、毎日、ブラッシングをしてあげることが大事です。
クリクリの被毛は絡まりやすく、放っておくと毛玉になってしまい、皮膚トラブルのもとになります。

 

そして、毛がずっと伸び続けますから、4〜6週間に一度のトリミングが必要です。
トリミングでテディベアカット以外のスタイルを楽しめるのも、トイプードルの大きな魅力のひとつですね。

 

我が家のモチコの場合は、トリミング前のモサモサ顔も妙に可愛くて気に入っています。

 

あと犬特有の獣臭が殆どしません。
シャンプーは3、4週間に一度しかしていませんが、ほぼ無臭です。
犬と暮らしている方って、だいたい臭いでわかりますが、トイプードルの場合は「え?本当?犬飼ってるの?獣臭しないよ」というくらいに臭いません。

トイプードルとの暮らしはお金がかかる・・だが幸せを運んでくれる

トイプードルを飼うのは通常の犬と比較して、お金がかかります。

 

  • トリミングに6,000円/月
  • ドッグフード、手作りご飯、おやつに8,000円/月
  • トイレシーツ、お尻ふきシート、シャンプーに2,000円/月

 

さらに予防接種や病気をすれば治療費と、数えればキリがありません。

 

およそ月に最低1〜2万円は必要です。

 

それでもトイプードルとの暮らしは、ストレスの多い現代人にとって、お金には代えられない価値を生むと思っています。

 

私はメンタル面での癒しや、家族間のコミュニケーションをしてくれる存在として、トイプードルと暮らし始めました。

 

その考えは間違っていませんでした。
今、人生に成功し幸せに暮らせているのは、トイプードルのモチコがいるからです。

 

 

モチコのために! 
トイプードルのために! 
犬のために! 
そして飼い主様のために!

 

安心安全なプレミアムドッグフードを紹介していきます。

 

 

トップページ