穀物や野菜の力!ドッグフードにない栄養素でマクロビオティックなトイプードルへ

最近のドッグフードは穀物を含まないグレインフリーが流行ですが、穀物というだけで排除するのは如何なものでしょうか?

 

一般のドッグフードに含まれている小麦やコメ、トウモロコシといった穀物によるアレルギーが確かにあります。
しかし、これはずっと与え続けた結果であり、穀物自体が悪いわけではありません。

 

穀物には犬に必要な栄養素が含まれていて、積極的に取るべきです。
事実、肉食動物は狩った草食動物の内臓や腸から、穀物の栄養素を取っていますからね。

 

私たちがトッピングをして与えることの出来る穀類や野菜の一覧と成分

成分 与え方 アレルギー
玄米 ビタミンB1B2、ビタミンE、ミネラル、ナイアシン おかゆ
はと麦 コイクセノライド、繊維質 おかゆ
大豆 たんぱく質、アミノ酸、大豆イソフラボン 納豆
小豆 糖質、たんぱく質、サポニン、ビタミンB1 おかゆ
納豆 たんぱく質、アミノ酸、大豆イソフラボン、消化酵素
じゃがいも ビタミンC 煮る、蒸かす
大根 ビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維 大根おろし (葉は油炒め)
かぼちゃ べータカロチン、ビタミンC、食物繊維、ミネラル 煮る、蒸かす
さつまいも 食物繊維、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カルシウム、燐、鉄、皿鉛 煮る、蒸かす
トマト ビタミンC、ミネラル、リコピン 生、煮る
にんじん ベータカロチン、ビタミンA 生、煮る
キャベツ 食物繊維、酵素、ビタミンU、カルシウム
ごぼう 食物繊維、亜鉛、銅、セレン、鉄、カリウム 煮る
ピーマン ビタミンC、ミネラル、ベータカロチン 煮る

 

 

私たちがトッピングをして与えることの出来る穀類や野菜の詳細

玄米

玄米には炭水化物、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。
さらにヌカの部分には、ビタミンB1やB2、ナイアシンが多く、血管を強化するビタミンD、老化を防ぎガンを防ぐビタミンEも含まれています。
このような栄養素が含まれるため、体力が付いて血液がきれいになり、老化を防正し病気になりにくい体質になります。

 

はと麦

消炎・利尿・鎮痛・排膿作用があり、体内の水分や血液の流れをよくして新陳代謝を活発にし、解毒・排泄を促します。
はと麦にだけ含まれるコイクセノライドという成分には、ガン予防やガン化抑制の効果があることが認められています。

 

豊富に含まれる繊維が腸内で乳酸菌などの善玉菌を増殖させ、便秘の予防にも役立ちます。

 

大豆

「畑の肉」と称されるほど理想的なアミノ酸バランスを待っています。
アレルギーがないことを確かめたうえで、動物性タンパク質の代用として使えます。

 

ただ消化が悪いので、納豆として与えたほうが良いです。
大豆に含まれている大豆イソフラボンは、人間の乳がんや前立腺がんの予防作用が明らかにされている成分です。

 

納豆

                                      

大豆を蒸し煮し、納豆菌で発酵させて作る納豆はタンパク質の宝庫です。
タンパク質を必要とする犬には、、まさにもってこいの食材です。

 

納豆菌が持つプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、アミラーゼ(糖質分解酵素)、リパーゼ(脂質分解酵素)、セルラーゼ(食物繊維分解酵素)等の分解酵素は、一緒に食べたほかの食材を消化させるのに効果的です。

 

小豆

                                    

糖質、たんぱく質が多く、カロリーも高いので、有益なカロリー源となります。
また脂肪を代謝するので、肥満の犬に最適です。

 

じゃがいも

                

豊富なビタミンCが含まれます。
肉の毒素を中和する食材としても重要で、特に牛肉と相性がよいです。
他に牛肉との相性がよい素材には、ブロッコリーやピーマンがあります。

 

大根

                                     

過剰なタンパク質を分解・消化するプロテアーゼ(夕ンパク分解酵素)が含まれています。
その働きで、腎臓のフィルターの目詰まりを取り除いて排尿を促すので、体内の水分バランスも正常にします。

 

食物繊維も多く便秘にも効果的。

 

また、リグニンという水溶性の食物繊維が、ガンを抑制します。
葉の方にはビタミンやミネラルが多く、特にカルシウムが豊富です。
油炒めにして与えると、愛犬の皮膚や歯、骨を丈夫にできます。

 

かぼちや

                                    

べータカロチンとビタミンCを多く含みます。
そのため、血行を促進し、皮膚や粘膜を丈夫にして、ウイルスに負けない体質を作るのに役立ちます。
強肝作用もあるため、タンパク質合成能を改善します。

 

食物繊維も多く便秘にも効果的。
ミネラルも豊富で、高血圧の予防にもよく、ガン抑制物質も含まれた優れた食材です。

 

さつまいも

                                     

食物繊維が多く、便秘を予防し、コレステロールや塩分の吸収を抑制します。

 

加熱しても壊れにくいビタミンCに富みます。
カルシウム、マグネシウム、カルシウム、燐、鉄、皿鉛なども含んでいます。

 

トマト

低カロリー食品ですが、豊富なビタミン、ミネラルを含みます。
特にビタミンCが豊富で熱しても壊れにくいのが特徴。

 

また、リコピンという抗酸化物質を含んでいるので、老化、ガンの予防などに有益です。

 

ニンジン

ニンジンに多いベータカロチンは、小腸でビタミンAになります。
ビタミンAは目によく夜盲症や白内障を予防します。

 

ミネラルや繊維質も多く、体を温め胃腸機能を高めます。

 

キャベツ

食物繊維が多く、酵素も豊富です。
特に生で与えると、便通をよくするだけでなく胃腸の働きをよくします。
「抗潰瘍性ビタミン」と呼ばれるビタミンU(キャベジン)を含み、名前の通り、胃潰瘍の予防や治療に効果的です。
キャベツに含まれるカルシウムは、ほかの野菜に比べて吸収率が良いので、細かく刻んで、できるだけ生で食べさせてください。

 

ごぼう

食物繊維が多いので、腸内の老廃物を排泄し便秘を解消します。
同時にコレステロールや食塩を吸着、排泄してくれます。

 

特に糖分の吸収抑制作用があるので、糖尿病の診断を受けた犬や肥満気味のイヌに食べさせると効果的です。
また、繊維質が善玉菌の増殖を促し、ビタミンを合成してくれます。
亜鉛や銅、セレン、鉄などのミネラルも多く、カリウムも多いため、ナトリウムを過剰摂取している場合におすすめです。

 

細かく刻んで、よく煮てから与えてください。

 

ピーマン

                                 

ビタミンやミネラルがとても豊富で、べータカロチンはトマトの3倍以上、ビタミンCはトマトの13倍も含まれています。
また、ガン抑制物質が含まれていることもわかっています。

 

まとめ

台所にある食材をさっと利用してトッピングをすることで、愛犬の食事をグレードアップできますね。
ぜひ、一覧をプリントアウトして活用してください。

 

 

出典:愛犬を元気にする食材辞典