トイプードルに最適なペットフードはドライ?ウェット?ズバリ回答します

ドライフード?ウェット?トイプードルにおすすめのドッグフードのタイプ

スーパーやホームセンターなどでも、最近は実に豊富な種類のドッグフードが売られています。

 

大きく分類すると、ペットフードにはドライとウェットの犬用があることを知っていますか?
それぞれの特徴やメリットとデメリットについて、まとめてみましょう。

 

ドッグフードのドライタイプとウェットタイプの特徴

ドライタイプとは

ドライフード

ドライタイプは文字通り乾燥したドッグフードで、水分量は10パーセント以下しか含まれていません。

形は小粒で固く、日持ちがいいのが特徴で、カリカリともよばれています。

 

 

 

水分が少ない分、栄養素がぎゅっと詰まっているので、栄養バランス的に優れていますが、高カロリーになります。
同じ重さでも、缶詰などのウェットフードに比べて3.5倍〜4倍くらいのカロリーですから、成長期の子犬には最適です。

 

 

ウェットタイプとは

ドライフード

ウェットタイプは、水分を75パーセントから80パーセント含むドッグフードで、ほとんど噛まなくても食べることができます。

やわらかいので、缶詰やアルミトレイ、レトルトで売られているのが特徴です。

 

 

ドライフードと比較した場合、タンパク質の量が低く感じられますが、これは製品に含まれる水分が多いからです。
水で多少薄まったような状態ですが、栄養価はドライフードとほぼ同じと考えていただいて結構です。

 

ウェットフードのタイプは、「総合栄養食」と「一般食」の2つに分かれます。

 

「総合栄養食」は、1日の理想的なカロリーや栄養素をそれだけで摂れるフードですが、「一般食」は、ササミ缶のように栄養バランスを考慮していない食品です。
「一般食」だけを与え続けると、栄養素が足りなくなってきますので、必ずバランスを取るように気を付けてください。

 

 

ドライタイプとウェットタイプそれぞれのメリットについて

ドライタイプのメリット

ドライタイプは、価格も手ごろなモノから高価なものまで様々ですが、飼い主さんの事情にあったものを選びやすいフードです。
賞味期限も長く、管理がしやすいです。

 

そしてドライフードの特徴、高カロリーのフードは、食に興味のない小食のワンコの栄養素を満たしてあげられるのも利点の一つ。

 

また、固くて噛みごたえがあるので、犬の歯やあごを強くしてくれるメリットもあります。
食べカスが付きにくく、歯垢が歯に付着するのも防いでくれます。

 

 

ウェットタイプのメリット

ウェットタイプはやわらかいため、噛む力が弱ってきた老犬に適しています。

 

水分量が多いので、食べるだけで水分補給ができるメリットもあります。
ウェットタイプは犬の好みにも合うらしく、なかなか餌を食べてくれない犬でもよろこんで食べるという口コミもあります。

 

あと、ドライフードと比較してカロリーが1/4なので、量を多く与えることができますから、食いしん坊のワンコの食欲を満たすことが出来ます。

 

 

ドライタイプとウェットタイプそれぞれのデメリットについて

ドライタイプのデメリット

水分をほとんど含まないドライタイプを食べる犬は、一緒に水分補給をしないと脱水症状になってしまう危険があります。
ですから、あまり水を飲まないワンコの場合は、飼い主さんが水分補給として、トッピング等でひと手間かけてあげる必要があります。

 

あと、年をとって噛む力が弱くなった犬には固すぎて噛みづらく、不向きかもしれません。

 

高カロリーですので、見た目の量が少ないからといって、ほんの少し多く与えただけでも太りがちになってしまいます。
与える量をきっちりと測る必要がありますね。

 

また、一般のドライフードは製造時にペレット状に固める必要があるため、ツナギとして使う炭水化物の含有量が多くなってしまいます。
これも肥満の一因となります。

 

 

ウェットタイプのデメリット

ドライタイプと比べると、価格が高くて賞味期限も短いところや、開封後の保存性の悪さがデメリットでしょう。
またドライフードと比較して、4倍多く食べないと必要なカロリー摂取が出来ませんから、小食のワンコには不向きです。

 

 

トイプードルに最適なドッグフードのタイプはドライ?ウェット?のまとめ

ドライタイプとウェットタイプには、それぞれメリットもデメリットもあります。

 

飼い主さんの多くは、犬の年齢や体調に合わせてドライタイプとウェットタイプを使い分けているようです。

どちらがいい?

 

栄養面と犬の満足度を考えた上での当サイトのおすすめは、以下。

 

  • 肥満のワンコは食いしん坊でしょうから、カロリーが低いウェットタイプでストレスを与えることなくダイエット。
  • 痩せ気味で小食のワンコには、高カロリーなドライフードで、栄養補給。
  • 普通のワンコには、ドライフードをメインとし、時々ウェットフードを与える。

 

しかし、難しく考えるのではなく、楽しみながらワンコの食べる喜びを満たしてあげましょう。
飼い主さんの喜びがワンコの喜びでもあるんですからね!

トップへ戻る